RADIOHEAD ( レディオヘッド )

【 IN RAINBOWS 】 ( イン・レインボウズ )
画像
2007年12月26日発売
Hostess Entertainment 
(XCXX-60001)
あらゆる意味で革新的な作品
レディオヘッド4年半ぶりとなる新作。

ダウンロードでのリリース、さらに本国のサイトでのディスク・ボックスの販売に続き、ついに日本でCD盤がリリースされた。今回はダウンロードという販売方法、しかも買い手が値段を自由に決められるという画期的な制度を導入しての販売方法に世界中が騒然となっていた。結果、発売初日に120万ダウンロードという爆発的な数を記録するものの、現在までにそれと同等数の違法ダウンロードが横行したという推定もある。音楽マーケットに波紋を呼びかけたこの販売方法により、いい面、悪い面が浮き彫りになった形だが、こうした試み自体は素晴らしいと思う。
さて、販売方法にばかり目を奪われがちであるが、この最新作『イン・レインボウズ』はとんでもなく素晴らしい作品に仕上がっている。話題先行ではなくアルバムとしての完成度が計り知れないほど高いのだ。通算7作目となる今作のプロデューサーは“第6のメンバー”とも言われるナイジェル・ゴドリッチ。アートワークは『My Iron Lung EP』以来ずっと手がけてきたスタンリー・ダンウッド。常に挑戦を続け革新的な音楽を生み出してきた彼らであるが、今作は聴く人の心を揺さぶり、いつまでも色あせないタイムレスな響きをもつ作品だ。トム・ヨークのファルセットはすべてを浄化するかのように響き渡り、そのヴォーカルを支えるサウンドはどこまでも美しく音の結晶として輝いている。特に「Wired Fishes / Arpeggi」や「Reckoner」「House Of Cards」「Videotape」あたりはもはやひれ伏すのみだ。
レディオヘッドは最新作が常にイノヴェイティヴであり、既存の音楽シーンに挑戦する作品であるが、今作もその革新性と破壊力をそなえ、かつポップ・ミュージックとしても芸術作品としても素晴らしい作品になっている。やはりとんでもないアーティストである。

収録曲
1. 15 Step
2. Bodysnatchers
3. Nude
4. Weird Fishes/Arpeggi
5. All I Need
6. Faust Arp
7. Reckoner
8. House of Cards
9. Jigsaw Falling into Place
10. Videotape

RADIOHEAD ( レディオヘッド ) 【 イン・レインボウズ 】
♪お買い求めはコチラ♪



イン・レインボウズ

" RADIOHEAD ( レディオヘッド )" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント