いちご大福の法則

旅行のお供ともいえるスーツケースには大きく分けてハードタイプソフトタイプがありますが、最近はソフトタイプも需要が高まり、旅行の期間や行き先などによって二つのタイプを使い分けしている人もいるようです。

ソフトタイプには背負ったり、肩にかけたりできるものもあり、移動や乗り継ぎが多い旅行に便利な点が魅力。

また、柔らかい素材のため、ハードタイプよりもやや荷物が多く詰められるという利点もあります。

ちなみにソフトタイプのスーツケースでワインボトルなど壊れやすい荷物を収納する場合は、その周りにタオルや衣類などの柔らかいものをクッション代わりにして詰めるのがポイント。

この収納方法は「いちご大福」を縦半分に切った断面のように見えることから「いちご大福の法則」といわれるそうです


パッキング(荷造り)が楽しくなるようなネーミングですよね♪



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック