2012年10月27日(土)公開 『終の信託 』映画鑑賞券ペアチケットプレゼント!

【ハートスタイルカフェ】番組プレゼント ご希望の方は、
①作品名 『終の信託(ついのしんたく)』
②住所 
③氏名 
④電話番号

以上を明記の上、
【heart style cafe 映画鑑賞券プレゼント係】宛に
電話・ファックス・Eメール・郵送のいずれかでご応募ください。

◆応募の宛先◆
ハガキ:〒955-0093 燕三条エフエム放送 行
電話:0256-32-7680
FAX:0256-33-7680
E-mail:info@heart768.com
HP:http://www.heart768.com

◆応募締切◆
2012年10月24日(水)16:00必着

※多数のご応募ありがとうございます。
  受付は終了しました。


※次週の作品は 映画『北のカナリアたち』ペアチケット
WMC県央:劇場売店ポップコーン券も2枚一緒にプレゼント!


詳しくは76.8MHzラヂオはーと、
毎週水曜日15:30放送「シネマCafe」をお聴きください。
毎回ワーナーマイカルシネマズ県央の
スタッフイチオシ作品を紹介しています。
画像


【ストーリー】
同じ職場の医師・高井(浅野忠信)との不倫に傷つき、自殺未遂を図った呼吸器内科医の折井綾乃(草刈民代)。沈んだ日々を送っていた彼女は、重度のぜんそくで入退院を繰り返す江木秦三(役所広司)の優しさに触れて癒やされる。だんだんと距離が近づき、お互いに思いを寄せるようになる二人だったが、江木の症状は悪くなる一方。死期を悟った彼は、もしもの時は延命治療をせずに楽に死なせてほしいと綾乃に強く訴える。それから2か月後、心肺停止状態に陥った江木を前にして、綾乃は彼との約束か、医師としての努めを果たすか、激しく葛藤する。

『それでもボクはやってない』の周防正行監督が、法律家でもある朔立木の小説を実写化したラブストーリー。重度のぜんそく患者と恋に落ち、彼の願いから延命治療を止めた行動を殺人だと検察に追及される女医の姿を見つめる。草刈民代と役所広司が『Shall we ダンス?』からおよそ16年ぶりとなる共演を果たし、愛と死に翻弄(ほんろう)される男女を熱演。また、浅野忠信や大沢たかおが脇を固め、実力派ならではの妙演を披露する。生死を賭した純愛を描くのみならず、終末医療の現場で起きている問題にも踏み込んだ重厚な作品。

【公開日】2012年10月27日
【製作年】2012年
【製作国】日本
【映倫情報】PG12
【上映時間】142分
【配給】東宝
【監督・脚本】周防正行
【原作】朔立木
【音楽】周防義和
【エンディング曲】種ともこ
【挿入歌】キリ・テ・カナワ
【製作】亀山千広
【エグゼクティブプロデューサー】桝井省志
【企画】 小川泰 / 市川南 / 小形雄二
【プロデューサー】 土屋健 / 稲葉直人 / 土本貴生 / 堀川慎太郎
【撮影】 寺田緑郎
【照明】 長田達也
【美術】 磯田典宏
【録音】 郡弘道
【編集】 菊池純一
【キャスティング】 吉川威史 / 南谷夢
【助監督】 片島章三
【製作担当】 島根淳
【プロダクションマネージャー】 前村祐子

【出演】
草刈民代
役所広司
浅野忠信
大沢たかお

終の信託 (光文社文庫)
光文社
2012-06-12
朔 立木

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終の信託 (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック