mae (メイ)

【 Singularity (シンギュラリティ) 】
画像
2007年8月22日発売
EMI ミュージック・ジャパン (TOCP-66662) \1,980(税込)
よりロック色の強くなった新作
今年のフジロックでのパフォーマンスも大盛況だったメイの3rdアルバム『シンギュラリティ』。
前作『ジ・エヴァー・グロウ』が、メランコリックかつキャッチーな楽曲がこれでもか、と言わんばかりに放出される傑作アルバムだっただけに、今作への期待は大きい。

プロデューサーはマイ・ケミカル・ロマンス、リライアントK、フライリーフ、セイオシンといったバンドを見事メインストリームへと押し上げたハワード・ベンソン。

そんな今作の大きな特徴は、以前と比較して よりダイレクトで骨太でシンプル。
一言で言えばロック色が強くなっている。
躍動感、エネルギッシュといった形容もぴったりくる。

以前までのような流麗で繊細なサウンドは若干薄れてはいるものの、メランコリックなメロディをロックのダイナミズムと絶妙に融合した、メイにしか構築できない独特のサウンドを鳴らしている。
メイの新しい門出ともいえるアルバムです。

収録曲
1. ブリンク・オブ・ディザスター
2. クレイジー8s
3. サムタイムス・アイ・キャント・メイク・イット・アローン
4. ジャスト・レット・ゴー
5. オン・トップ
6. ウェイティング
7. シック・センパー・ティレナイズ
8. リリース・ミー
9. テレスコープス
10. ロケット
11. ホーム
12. リフレクションズ
13. ノボカイン


mae (メイ) 【 Singularity (シンギュラリティ) 】
♪お買い求めはコチラ♪



シンギュラリティ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック