SEAN KINGSTON (ショーン・キングストン)

【 SEAN KINGSTON 】
画像

2007年8月29日発売
ソニーミュージック (EICP-829) \2,310(税込)
デビュー・シングルがクロスオーヴァー・ヒット!
おそらくは日本の、洋楽に明るくない人でも知っているであろう「スタンド・バイ・ミー」もろ使いのヒット曲「ビューティフル・ガール」。
現在レゲエ/ポップスの枠を超えてクロスオーヴァー・ヒットしているこの曲でデビューしたのがショーン・キングストン、若干17歳。

あのブジュ・バントンをおじに持ち、レゲエ史に名を馳せるプロデューサー=ジャック・ルビーの孫にあたるサラブレッド。
といっても本アルバムは純粋なレゲエ・アルバムというよりR&Bの要素を多く含んだいわゆるアーバン・ポップ。
トータル・プロデュースはジョナサン”J.R.”ロテム。
50セントやザ・ゲームからデスチャ、ブリトニー・スピアーズまで手掛ける売れっ子プロデューサーだ。

SNSサイト<MYSPACE>上でショーンがジョナサンに猛烈アタックし、ジョナサンが立ち上げたレーベル<ベルーガ・ハイツ>の第一弾アーティストとして契約に至ったそう。

オールラウンドに仕事ができるジョナサン”J.R.”ロテムのキャッチーなトラックとポップな声質のショーンの相性は抜群。

エイコンが好きならきっとお気に入りの一枚になるでしょう。

  1 Intro
  2 Kingston
  3 Take You There
  4 Me Love
  5 Beautiful Girls
  6 Dry Your Eyes
  7 Got No Shorty
  8 There’s Nothin /Sean Kingston Feat. Paula Deanda
  9 I Can Feel It
 10 Drummer Boy
 11 Your Sister
 12 That Ain’t Right
 13 Change
 14 Colors(2007) (Reggae Remix)
/Sean Kingston Feat. Vybz Kartel & Kardinal Official



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック